かくも素晴らしき日々

1 かくも素晴らしき日々

作曲
宮田泰輔・宮坂遼太郎
作詞
宮坂遼太郎

 

まだ青いレモンをハチミツでごまかしたような

時間が少しずつこぼれていくのが見える

窓ガラスの向こうでいつも誰かがおどる

空からはキャンディみたい 日差しばっか降りてくる

 

ビー玉色のシャツ着たあの子  見てる先に何があるのでしょう

布団の中でみっつ数えて跳ねて起きればあっけない未来

 

ちぎれ雲のはざまに真昼の白い月

どっか近いとこでいいから外に出てパンを食べよう

 

ビー玉色のシャツ着たあの子  見てた先も今は駐車場

ご飯の味がわからなくなった あの日のことも笑い飛ばしてよ

 

「そして全てわかるはず」 フリッパーズ・ギターも言ってた

ただこのバックビートでカラダを揺らしておくれよ